大阪でトレーナー、治療家向けセミナー、またゴルフレッスンは【筋トレ職人の目からみた世界】

ゴルファーの指導をしながら、トレーナー育成、セラピスト育成をしています。

仕事の任せ方がうまいリーダーの資質と役割 

   

組織にはリーダーを必要とします。
業績に与える影響が大きい非常に重要なポストです。
リーダーは本来、経営者の分身として、与えられた組織の力を最大限に引き出し、
業績をあげるためにリーダーシップを発揮させるべき存在です。

そんな重要な任務についてどう役割を果たしていくのか考えてみましょう。

・既にリーダーになっていてもがいている
・リーダーに新しく任命されたばかり
・これからリーダーになりたい 
  など立場は様々です。

スポンサードリンク

リーダーになる前は
『リーダーになったらあの習慣はやめる』
『どんなことがあっても仲間は守り抜く』

しかし、リーダーになるとその上のプレッシャーに気付きます。
成果を出すため上司と部下の板挟みになります。
101

これまでは物事を平面でしか見れなかったことが徐々に立体として捉えるようになります。
そうするとまず自分の立場をまず明確にする重要性に気付きます。

発言や想いでやってきたことを
目で見える形として
行動の積み重ねで仲間の信頼を生産していきます。 

簡単にいうとグリッドします。
グリットとは???
短期間ではなく長期間没頭して夢や目標に向かって継続することです。
気持ちが乗ろうと乗らないだろうと継続する。
雨が降ったからと言って仕事休むんでしまうと任務が進みませんよね。
正しい方向であれば迷わず没頭する。
なので
生まれもった才能とか知能は関係ございません。

スポンサードリンク

実践編
①まず蓋を開けて中身を確認する
リーダーになると何をするかよりも
どんなメンバーがいるのか? 理念に沿った動きの中で誰がキーマンになるのか?

これはミーティングでチェックできます。。
発言力があり、周囲が意識する注目を引き寄せるのはだれか?
そのキーマンと連携を組むことが重要になります。

気を付けることは
内部事情に向けてや売上のことばかりではなく
ミーティングの内容はあくまで顧客に与える価値について
話し合えることが組織の良い文化に繫がります。

②カッコつけない
仕事なのでありのままとは言いませんが
権威でカッコ、話を大きくしてカッコつけると相手には違和感を残してしまいます。
自分の可愛げのある程度で弱みを見せるとメンバーも懐を見せてくれることでしょう。

③組織を尊重するか? 個人(メンバー)を尊重するか?
個々をとにかく大切にすることに夢中になったケースでもバラバラになることがあります。
みんなの話を聞きすぎてリーダー自体が方向性を失ってしまうことです。
そもそも組織の目的を押さえてメンバーを集うことが一番重要になります。
組織の向かう方向が決まっていればその理念、戦略に向かって志を相互に育てましょう。
その際メンバーは大切なことを大前提にしていますが
個々の意見を全て聞くことはあっても無理なことはきっぱりと伝えましょう。
例えばあなたがウォールトディズニーに勤めて主役のミッキーマウスを担当したとしましょう。
自分の個人の想いが強すぎて従来と違った新しいイメージをもったミッキーになってしまえば顧客は戸惑うでしょう。
組織の理念に沿った任務を遂行することが顧客に価値を提供することになるでしょう。

スポンサードリンク

 - ビジネス