大阪でトレーナー、治療家向けセミナー、またゴルフレッスンは【筋トレ職人の目からみた世界】

ゴルファーの指導をしながら、トレーナー育成、セラピスト育成をしています。

女子ゴルフスイング 股関節の筋トレで膝の動揺性を修正する動画あり

      2016/04/13

女子ゴルファーに多いインパクトでの膝の動き

インパクトで膝が内に入ることが多くないですか?

一般の方に多く、その中でも特に女性ゴルファーに多い症状です。
その理由の一つとして、男性よりも骨盤が前傾していることが挙げられます。
骨盤が前傾すると股関節には内股(股関節内旋)の力がかかり
ゴルフスイングで言うとインパクト前から膝が内側にに入ります(knee-in)
結果、膝で運動してしまいます。
これがニーアクション
となると膝よりも筋力が発揮できる股関節周囲筋が働きにくくなります。

飛距離が欲しいときには股関節は重要になります。
膝関節よりも体幹に近い股関節の方がパワーがあります。
そこで今回はサボりやすい股関節のトレーニングを紹介します。

スポンサードリンク

ゴルフスイングを変える股関節トレーニング動画
競技に活かすためのアットイーズモーション

股関節で運動出来ないとどうなるか?
手打ちになりやすくなります。

こちらの動画で股関節を使っていきましょう!
中級編なのであまり無理をなさらずにしてあげてくださませ。
膝の曲げる角度を小さめで行って頂ければ運動強度は低く設定できます。

【ランジヒップツイスト】

回数:左右交互に入れ替えて10回~20回から始めましょう
強度:ランジで膝をつま先より前に出さずに膝を曲げて腰の高さで強度を調節しましょう。

注意点:
・足裏が床から離れてしまわないようにしましょう。膝の痛みに繫がります。
・ツイストの際、膝が内側に入らないようにしましょう。膝の痛みに繫がります
・足首、膝、股関節を痛めている方はドクターに相談してからトレーニングしましょう

膝を痛めている方への紹介

こちらに詳細を載せています。

ランニング膝の痛みが出る原因 筋力アップとストレッチで軽減 

内股で腰が反る方への紹介

こちらに詳細を載せています。

腰痛にいいストレッチ&筋力トレーニング  動画あり(反り腰編)

プロフェッショナルチームの紹介
(コーチ、トレーナー、セラピスト、クラフトマン)
尼崎ゴルフレッスン 初心者育成~プロ育成

関西最大級ゴルフアカデミーを紹介します。
コーチ、トレーナー、クラフトマンが皆様のゴルフをサポートします。
ショップも充実しています。
アカデミーはこちらです。
スクリーンショット (133)

ゴルフをされる方は準備体操も怠る方が非常に多いです。
一球でも早く打ちたい気持ちはわかりますが
時間をかけてウォーミングアップも行いましょう。

上手に身体を動かして
ゴルフを楽しんでいきましょう!

スポンサードリンク

 - ゴルフ, ゴルフ 女子, パーソナルトレーニング