大阪でトレーナー、治療家向けセミナー、またゴルフレッスンは【筋トレ職人の目からみた世界】

ゴルファーの指導をしながら、トレーナー育成、セラピスト育成をしています。

腰痛にいいストレッチ&筋力トレーニング  動画あり(猫背編)

      2016/01/03

腰痛には
いろんなパターンがございます。

例えば
・前かがみで痛くなる
・反り腰で痛くなる
・捻じりで痛くなる など

今回は主に前かがみについてです。

日本人は欧米人に比べて腰痛が多いですね。
なぜでしょうか?

骨盤の向きをまず押さえよう(矢状面)
欧米人は日本人に比べて骨盤が前に傾いています。(以下、前傾と表現)
骨盤が前傾している欧米人は・・・
重心が前に乗せやすいので前への移動が速くなります。
短距離走が強いですね。

スポンサードリンク

東洋人は欧米人に比べ骨盤が後ろに倒れています。(以下、後傾と表現)
骨盤が後傾している東洋人は・・・
重心が踵よりの後ろに乗せやすいので前への移動が遅くなります。
言いように例えると後ろ向きの移動は速くなります。
・・・と言うことは後ろ向き競争は日本人は速いです。
そんな競技があれば日本が活躍するかもしれませんが見ていて面白くないでしょうw
(注意:マラソンに強いケニア人と日本人はそれほど骨盤の向きに大差はありません。膝下の長さには差はあり折り畳み方に特徴がございます。)

ストレッチ編
さて多くの日本人は骨盤が後傾しているので
後傾になりにくいストレッチを提案致します。

一カ所につき40秒~60秒程度してあげてくださいませ。
時間がなければ30秒を一日3セットから(朝、昼、夕方)動画でご確認くださいませ⇓ ⇓

呼吸は止めてしまうと血圧が上がりやすくなるので
自然な呼吸を心がけましょう!
また肩は重力に逆らわずに楽にして下がるところまで落としましょう!

スポンサードリンク

トレーニング編
重力に負けると猫背になりやいですよね。
抗重力筋といって重力に対して働てくれる筋肉が運動を紹介します。
今回は身体の背側い位置するものにフォーカスします。(下腿三頭筋、ハムストリングス、大殿筋、脊柱起立筋群)動画でご確認くださいませ ⇓ ⇓ ⇓


午前中は気を付けてください。
ぎっくり腰(急性腰痛症)の起こりやすい時間帯とは朝(起床後)の時間帯

この時間帯にぎっくり腰が起きやすいのは
寝起きは人間の身体の血液循環は悪く、
筋肉の柔軟性が良い状態ではございません。
掃除機をかけていて腰を痛める方が多いです。
前かがみの上背骨を捻じったような感じです。
捻じらないためにするためには
・右足が前のときは右手を前。
・左足が前のときは左手を前

また顔を洗う動作は腰周りの関節に大きな負担をかけて痛めてしまうことが
ありますのでお気を付けくださいませ。

今回は背中を丸めて痛めてしまう方ようの
ストレッチ、トレーニングを紹介致しました。
腰が痛いときはいくらトレーニングが重要といっても
無理をなさらないであげてくださいませ。

スポンサードリンク

 - 筋トレ , , ,