大阪でトレーナー、治療家向けセミナー、またゴルフレッスンは【筋トレ職人の目からみた世界】

ゴルファーの指導をしながら、トレーナー育成、セラピスト育成をしています。

ゴルフ 基本のアドレスとスイングを崩すスマホの触り方とは?動画あり 

   

スマートフォンは年々普及率が高まり国民の半数以上が所有しており、今や生活する上で欠かせないアイテムとなりました。
欲しい情報を簡単に手に入れることができ、また知人との連絡も簡単にとれることで
手放せなくなっています。
しかし、その一方で、スマホ操作による姿勢の崩れにより肩こり、首こりで悩む方が増えています。
実はアスリートも同じでスマホ操作によって立ち姿が崩れてしまいスポーツに大切な感覚も崩れやすくなっています。
そこで、今回は、スマホが原因で起こる肩こりの予防方法・対処方法を紹介していきます。
この記事を読んで頂いている方につらい肩こり、首こりから解放され、快適なスマホライフを送れる手伝いをさせてもらいたいと思います。

まずは原因を探っていきましょう。

①スマホの触り方 親指の使い方に注意


スポンサードリンク

このように片手で使うと親指が活躍しやすいのがわかります。
その場で試してみてください。
実は親指をよく使われる方は腕(上腕骨)が内側へ巻いてきます。下図赤色
そうなると猫背を誘発しやすい力がかかります。
1111]
出典:SOCIAL DESIGN NEWS
猫背になると頚部にもストレスがかかりストレートネックになりやすいです。
背骨の上に頭部をもってきてあげるためには背骨を起こしてくるだけではなく
指の使い方まで気をつけてあげてくださいませ。
そしてスマートフォンは片手で持つことにより親指を過度に使ってしまいますので
両手を使うようにし、
操作する方の手は中指を利用してしてあげましょう。

スポンサードリンク

スマホの触り方で ドケルバン腱鞘炎 に!?

親指を曲げてから残りの4本の指を曲げます。
その後下図写真のように手首を下へ折り曲げてみてください。
これで痛みを感じたらドケルバン腱鞘炎の疑いがございます。
1111
出典:かみあぷ速報

下図写真がスマホを片手で持ち親指で操作した使いすぎによる腱鞘炎を起こしている部分。
11111出典:古東整形外科 「親指と手首を動かすと痛い!」

上の図の赤い丸で囲んだ部分は2つの親指を動かす腱がトンネルのような腱鞘の中を走行しています。
それぞれの腱は独立していますが、赤い丸の部分は第一区画と呼ばれる一つのユニットになっています。
負担のかかる親指の使い方を繰り返すと腱鞘炎を起こしてしまいます。

一般の方もアスリートも指の使い方で立ち姿を変えてしましますので
上手に手を使っていきましょう!

ゴルファーも立ち姿が良くないと
競技の基本姿勢であるアドレスを上手くとることが困難になります。
また、ゴルファーは指の感覚が命です。
マッサージする人も指から情報を手に入れるために
スマートフォンとは上手に付き合っていきましょう。

スポンサードリンク

 - ゴルフ, 肩こり