大阪でトレーナー、治療家向けセミナー、またゴルフレッスンは【筋トレ職人の目からみた世界】

ゴルファーの指導をしながら、トレーナー育成、セラピスト育成をしています。

白井健三の2015世界選手権での安定感 内村航平まさかの鉄棒落下!?

      2015/11/04

37年ぶりに世界選手権で団体優勝!
歴史にのこる試合でした。
多いに盛り上がりましたね。

素晴らしかった! けど最後の鉄棒の落下連鎖。。。

なんかスッとしなかったけれど
日本の体操は世界一です。

ホープの白井の4回ひねり。
彼の安定感は年々増しています。
身体つきも明らかに変化していましたね。 あと髪型もww 大人っぽくなったものです。

さて白井選手の話に戻しますと
筋力アップでタンブリングの高さが増していましたね。
単純に素人さんでもわかることなんですが、高さが増すと着地も取りやすくなります。
yahoo 画像から引用
1151

そして内村選手

スポンサードリンク

最後の鉄棒までノーミスだったところは素晴らしかったです。

器械体操はミスがあれば勝てないスポーツです。
加点よりも減点をいかに押さえるかです。

体操でよくあるのが負の連鎖です。
他のスポーツと比べてちょっとした身体のブレが大きな失敗を生んでしまいます。
要は心理です。

平行棒で田中選手が失敗してしまったときは後に控える内村選手は冷静でした。

そして最終種目の鉄棒
2番手の田中選手は平行棒の失敗を引きずって、また。。。

あの舞台ですからプレッシャーがあったことです。

そして最後の内村選手は団体優勝が懸かっていたのかどうかわかりませんが
左手が鉄棒から遠かったですね。

しかしながら
この日のために加点を6種目とも増やしてきた努力の貯金があったため
世界一の座を手に入れれましたね!

おめでとうございます!

◇違った角度からの感想◇
最近の機械体操はテレビの取り方がおしゃれになりましたね。
ひと昔とはうって変わって間延び間がなく編集されているので
見ている側も集中しやすいです。
解説の米田氏の非常に落ち着いたコトバでわかりやすいです。
これからの機械体操は競技人口も増えそうで新たな選手が10年後出てくることも楽しみです。

スポンサードリンク

 - ゴルフ