大阪でトレーナー、治療家向けセミナー、またゴルフレッスンは【筋トレ職人の目からみた世界】

ゴルファーの指導をしながら、トレーナー育成、セラピスト育成をしています。

ゴルフスイングの手打ちをピラティスで変える 動画あり 衣笠トレーナー

   

ピラティスで手打ちスイングを変える!

まだまだ寒い日が続いておりますが、皆様ゴルフ上達の為に頑張っておられると思います。

さて今回は…手打ちのスイングの改善をテーマに原因や対処法をお伝えします。

まず手打ちになりやすい方の共通点があります。
①円背(猫背)
②親指で強くグリップを握る
③アゴを引いて構える

要は姿勢が悪く力みがあると言う事です。
各項目の原因はこちらです↓↓↓

①円背により、肩甲骨が外に開き(外転)胴体からの捻転がしにくく手打ちになる。

②親指を強く握ると、腕が内側に回り(回内)肩が内に向いてくる(内旋)よって肩が上がる。末端に力みがあると、関節の動きに影響が生じスムーズな運動が出来ません。

③顎を引いて構えると、首の後部筋肉が突っ張り肩が持ち上がる。

共通してるのは肩が上がり、肩甲骨が開くという事です。

いくら下半身で安定させても影響は出ます。
もちろん反対のケースもそうです。

ただ自分で自覚していても、どうしたらいいのか分からない方が大半です。

『とりあえず肩揉んだらええやん!!』
マッサージやストレッチも大切です。ただ正しい骨格に戻さないとまた再発してしまいます。

『背中が丸いなら、肩甲骨締めたらええやん!!』
肩甲骨を締めると肩こりに効くとよく耳にします。血流が良くなって肩こりは良くなるかもしれませんが、重心が踵重心になります。
踵重心は猫背になり、スイングで手元が浮く原因にもなります。

そこで簡単で誰でも出来るピラティスを紹介します!

ゴルフスイングを変えるピラティス動画 
衣笠インストラクター  活動:大阪、兵庫

肩甲骨と胸椎の動かし方がメインです。
ダイナミックな動きではなく、あくまでコントロール性を重視した運動です。
胸椎を動かすと肩甲骨が動くイメージです。
スイングする前に是非やってみて下さい!

肩が上がったり前方に来ると、胴体とのの一体感が生まれません。よって手打ち、手上げになり身体に負担がかかりやすくなります。
さらには安定性が欠けてスイングのブレが生じます。

手打ちを体幹で打てるスイングの為に、肩甲骨・胸椎の運動は欠かせません。

ゴルフ専門パーソナルトレーニングジム

こちらではトレーナーがゴルフ用のトレーニングを
ご用意させて頂いております。
機能解剖学をゴルフに大切な感覚に落とし込んでいきます。

尼崎ゴルフレッスン 初心者のスイングをその場で劇的に変えるアカデミー

アクセス
名神高速道路 尼崎IC降りて5分。駐車場完備。
住所:兵庫県尼崎市尾浜町3丁目31番13号
TEL:06-6428-6669

スポンサードリンク

 - ゴルフ, パーソナルトレーニング, ピラティス