大阪でトレーナー、治療家向けセミナー、またゴルフレッスンは【筋トレ職人の目からみた世界】

ゴルファーの指導をしながら、トレーナー育成、セラピスト育成をしています。

ゴルフ 右プッシュアウトするスイングを修正するピラティス動画あり 衣笠トレーナー

   

アドレス時によく見かける右骨盤の上がり(挙上)なかなか自分では自覚が無いので、そのままスイングを繰り返されてる方が多いと思います。
スクリーンショット (137)
この症例をピラティスで歪みを改善する方法を紹介させてもらいます。

スポンサードリンク

ゴルフスイングを変えるピラティス動画 
衣笠慎一インストラクター  活動:大阪、兵庫尼崎

〈なぜ骨盤の上がりが良くないのか?〉
スイング動作になると…
トップで股関節に乗らず、腰の開きによりフェイスが開く。その為プッシュアウト(球筋が右方向)になるケースが多いです。

少し細かく説明すると…
①アドレス時に右大腿外側に張り
②トップでは右鼠径部(腿つけ根内側)に乗る
③インパクトでは腰の開きにより捻れが生じて腰痛が出やすい。
*骨格上、腰(腰椎5個)の捻れる角度は約5度です。
④フォローで左足の剥がれ

スイングでこのような事が起きるゴルファーの方はチェックしてみて下さい。

〈簡単なチェック方法〉
脇腹の手を当て、下がっていくと骨盤の横(腸骨稜)で左右差を確認します。オススメはアドレスを取り背後から触ってもらうと良いです。

スクリーンショット (140)

〈アプローチ〉
よくあるのは右の骨盤が持ち上がって緊張してるから、右大臀筋のストレッチをする。
ただ今回は反対の脚を使ったピラティスを行います。

右骨盤が上がる(挙上)と言う事は、反対の左骨盤は下がる(下制)
下がってる左骨盤を上げる運動を施す。

解剖学からみて…
外転動作により骨盤は挙上↑
内転動作により骨盤は下制↓

あくまで筋トレとしてではなく、骨盤の傾きを正すのが目的です。
回数は20回程で十分です。

これにより骨盤を真っ直ぐにする。
と言うのが狙いです。

もちろん真っ直ぐが全て良い事ではないですが…考えてみて下さい!!

止まって不安定であれば、動くとどうなりますか??安定したスイングは難しいと思われます。

ピラティスは体幹の安定を高める効果だけではなく、安定した骨の配置を誘導する効果もあります。

ゴルフはコントロール性が大事なスポーツですので、歪みはスコアにも関わってきます。
定期的にご自身の姿勢と向き合う事が、上達への近道です。

ゴルフ専門パーソナルトレーニングジム at ease

こちらではトレーナーがゴルフ用のトレーニングを
ご用意させて頂いております。
機能解剖学をゴルフに大切な感覚に落とし込んでいきます。

アクセス
名神高速道路 尼崎IC降りて5分。駐車場完備。
住所:兵庫県尼崎市尾浜町3丁目31番13号
TEL:06-6428-6669

スポンサードリンク

 - ゴルフ, ピラティス