大阪でトレーナー、治療家向けセミナー、またゴルフレッスンは【筋トレ職人の目からみた世界】

ゴルファーの指導をしながら、トレーナー育成、セラピスト育成をしています。

ゴルフ練習法 バックスイングを安定させる基本を無料公開! 初心者も知っておきたい動画あり

      2015/12/22

ゴルフはコントロール性が重要なスポーツです。
バックスイングが安定することが出来なければクラブコントロールも難しくなります。

今回はバックスイングの安定性についてお話します。
まずはこちらをご覧くださいませ。 
その後解説をいれます。


スポンサードリンク

始めはバックスイングで静止してもらって右から押してみると簡単に身体が動きました。
身体が右に傾いているので押すと安定しそうですが結果は不安定です。

運動療法(PNF)後、骨盤の上に胸郭が乗りました。

狙いは筋肉のように思われるかもしれませんが
視界にフォーカスしてみました。

おおまかなストーリーはこんな感じです。
視界を改善 ⇒ 重心の変化により足圧も変化 ⇒ 安定性を確保 ⇒ クラブコントロールしやすくなる

正面を向いて視界の右上が狭かったのですが
広げてみました。

翌日の聞き取りでも視界は広いままでした。
ということは効果は継続します。

変な話、ある方法で視界を狭くすることもできます。

普段こんなことないですか?

食事会でなんか居心地がよくなくて話にくい席についたことないですか?
その後席を変えると話しやすくなったりしたことないですか?

話す相手との相性もありますが、視界の問題のケースもございます。
見えにくいと話にくいみたいな感じです。

スポンサードリンク

バックスイングに関して
・股関節の認識
バックスイングで右の股関節を使いたくて使えないことがあります。
まず股関節の位置を明確にしましょう。
下の写真をご覧ください。
11111

股関節の写真をみると前からみることが多いため
前部の鼠蹊部(ソケイブ)を股関節と捉えてられてしまいがちです。

股関節は立っている状態でお尻に力を入れると窪みが出来る奥にあります。
<身体の斜め後ろ>
1111

鼠蹊部を股関節と認識してバックスイングすると鼠蹊部につまりを感じてしまいます。
そうすると上半身の腰(腰椎)で捻転を生んで腰を痛めてしまうことがあります。

ちょっとお勉強
腰の骨(腰椎)は5つあって各1℃しか動きません。
5つ × 1℃ = 5℃

 ⇓ ⇓ ⇓ これで5℃を確認してみましょう。 
111111

ほとんど捻ることが出来ません。
股関節の位置を明確に出来ないために無理やり腰(腰椎)を捻じって痛めてしまう方は
股関節のトレーニングをお勧めします。

股関節がサボってしまうとどこかで代償をとってしまいますので
大切に大切に股関節を使うようにしてあげましょう。

股関節のトレーニングはこちらをどうぞ  
股関節トレーニング 動画

関節を大切に使いましょう!

スポンサードリンク

 - ゴルフ